サークルクラッシュに関するQ&A

Q.サークラって何の略なの?

A.「サークルクラッシュ」という現象、または「サークルクラッシャー」という人です。後者はレッテル貼りに繋がりやすいので、「サークルクラッシュ」という現象の略語であることを推奨しています。

 

Q.見たことないんだけど、サークルクラッシュって本当にあるの?

A.事例は少なく、都市伝説のように扱われていますが、実際にあります。当同好会の会誌にも事例が載っています。

 

Q.集団が崩壊するところまでいくの?

A.実際にはクラッシュに巻き込まれた人(例えば恋愛の当事者)の一部が集団から離脱することで決着することも多いです。なので、実際に集団全体が崩壊することはまれです。それでも便宜上「サークルクラッシュ」と呼んでいます。サークルクラッシュが都市伝説のように扱われているのは、集団全体が崩壊するまでいくことがまれだからというのも一つの原因だと考えられます。

 

Q.サークルクラッシュは「サークル」だけの現象なの?

A.サークルに限りません。部活や研究室、職場やゲームセンター、その他コミュニティなどなんでも「サークルクラッシュ」と呼んでいます。正確な記述のために「コミュニティクラッシュ」や「カンパニークラッシュ」などと呼ぶ人もいますが、あまり浸透していません。

 

Q.恋愛が原因のものだけがサークルクラッシュなの?

A.狭義にはそのように扱っています。また、「恋愛が原因」であれば全てサークルクラッシュかと言われれば微妙で、それだといわゆる単なる三角関係すらもサークルクラッシュに含まれることになってしまいます。「恋愛経験に乏しい人が、八方美人な異性に群がる」(同性愛などを含めるとこの限りではない)という特定の状況があってこそ、サークルクラッシュだと考えられます。

 

Q.サークルクラッシャーは女性なの?

A.男性の場合もあります。しかし、一般的には女性を指すことが圧倒的に多いです。このことについては当同好会第二号会誌の「なぜ男のサークルクラッシャーは少ないのか?~サークルクラッシュにまつわるジェンダー事情~」を参照。

要約すれば、①主にネット上の、いわゆる「女叩き」言説の道具として「サークルクラッシャー」という言葉が使われていること②実際にサークルクラッシュ現象において、一人の女性対複数の男性の構図が多いこと が原因でそうなっています。

「サークルクラッシャー」というレッテル貼りによって不当に女性を貶めることはやめましょう。基本的に両性どちらにも原因はありますし、男性の方に大きな原因があるケースも十分に考えられます。

 

Q.サークルクラッシュするような集団は所詮その程度の集団なのだからクラッシュしてしまえばいいのでは?

A.確かに、簡単にクラッシュするような脆い友情であったことは否めません。しかし、サークルクラッシュに遭うようなコミュニティの人間というのは、往々にしてコミュニケーションが苦手で、交友関係も狭く、そのコミュニティ以外にまともな所属集団(居場所)がない場合も多いです。そのような最後の拠り所としてのコミュニティがクラッシュしてしまうのは痛手ではないでしょうか。

 

Q.サークルクラッシュは悪いことなの?

A.考えられるメリットとして、恋愛経験に乏しい人間が、将来の恋愛や結婚の際に失敗しないよう、早い段階で失恋を経験して学べる/失恋に耐性がつくというメリット(いわゆる「筆下ろし」はそれに当たるのではないか)や、生産性のない依存的な集団の場合は崩壊させることで自立に導けるというメリットがあります。

とはいえ、一人の人間にとって自分の居場所がなくなることはやはりデメリットです。しかし、集団よりも個人の恋愛を優先してしまうがゆえに、サークルクラッシュは起こります。

 

Q.歴史的にもサークルクラッシュはありましたか?

A.古くは傾国の美女と言われた楊貴妃や、ビートルズ解散の一因となったという説もあるオノ・ヨーコ、アナタハン島での1人の女「比嘉和子」と32人の男達が共同生活したことから、死亡・行方不明が19人にのぼったというアナタハンの女王事件などが挙げられます。

また、恋愛とは関係ないですが、政治家の小沢一郎も1993年に自民党を離党して作った新生党に始まり、新進党、自由党、国民の生活が第一、日本未来の党と続き、5つの党を作っては壊していますので、「壊し屋」の異名を持ち、名前を挙げられることがあります。